システム開発者の「歴史」 / 西田 則夫

私の勤めているITベンダーで定年退職される方がいらっしゃり、ついこの間退

職に際して謝恩会が開催されました。その際に、入社から現在にいたるまで業務

経歴を「歴史」として紹介する企画があり、まさにITに関わる人の変遷がみて

とれる内容であったので紹介したいと思います。
 入社は1972年で、大型汎用機の時代です。当時は、その運用業務を電機メ
ーカで担当されています。1975年には、担当顧客が変わり引き続き運用業務
でしたが、COBOLを利用したプログラミングを食品メーカで実施されていま
す。
ここで使用されたCOBOLはバージョンの変遷はあるもののまだ、現役で活躍
している言語のひとつです。
 1977年になると、オンライン開発業務やOSの設定や、インストールなど
を担当するシステムプログラマーを担当されています。このころになると、バッ
チ処理でジョブの実行だけでなく、オンライン端末にて各種の処理を実行できる
ようになっています。
 1982年以降は、流通系の顧客のシステム開発を受託形式で開発責任者を担
当されています。流通業においてもシステム投資が活発に行われきたことがわか
ります。
 1989年以降は、小売業向け「ASP事業」運営会社のシステム開発会社の
責任者として赴任されています。小売業のレジがPOS端末として、データ収集
機能をもつようになり、そのデータ集中管理をする仕組みが広がることになりま
す。
 1993年以降は、現場の支援部隊に移られ、大型化した開発案件のプロジェ
クト管理支援、トラブル対応なども対応されています。このころは、大型汎用機
からダウンサイジングへオープン化が進み、種々の要素技術の組み合わせでシス
テムを構成するようになり、顧客要求も複雑さを増し、規模の大型化も相まって
予期せぬ問題を発生して、種々のトラブルが発生していました。
 2000年は、戦略的案件対応で、ある顧客のシステム開発責任者として、社
内システムの再構築を担当されています。顧客側も外部の専門家を情報システム
部門に取り入れて自社に不足しているものを補完する役割をベンダーに求めるよ
うになってきています。
 2001年以降は、電機メーカの生産拠点向けのシステム導入プロジェクト業
務支援を担当し、グローバル展開にむけてのシステム構築にかかわっています。
輸出企業は特に海外拠点とのシステム連携、統合にむけての開発が行われていく
時期になっています。ITベンダーもオフショア子会社を中国、インドなどに展
開して海外進出した企業の開発需要の取り込みを活発化させています。
 2003年以降は、社内のプロジェクトマネジマント機能の充実のため、PM
O設立の伴い、その責任者を専任されています。以前のコラムにも記載しました
がITベンダーでは、トラブルが頻発し、業績への影響が少なからずでる要因と
して「プロジェクトマネジメントの不足」があげられていました。従来の、製造
業から受け継いだ品質管理手法では、まったく同じものが二つとない、プロジェ
クト的な業務の改善は難しいといえます。そのような現状で、大手IT各社は、
プロジェクトを横断的にみる組織や、既存の品質管理部門などの役割を広げて、
PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)なるものを設置しました。
 こういった組織をつくってはいますが、恥ずかしながら当社でも毎年、大規模
プロジェクトにおいてトラブルが発生し、その火消部隊の感もいなめません。
ただその反面、PMOを設置した時は、PM(プロジェクトマネジャ)を支援す
るものであったわけですが、実態としては、「進捗遅れはないか」「品質に問題
はないか」「標準化に準拠して作業をしているか」などPMやプロジェクトチー
ムの作業内容をチェックすることに注力する傾向があります。
 現場のPMにとっては「ユーザからの仕様変更」「納期調整」「コスト圧縮対
策」等、ステークホルダー対応に常に苦慮しているのが現状です。こういった状
況で、PMOによるチェックに対しての報告に労力をさかれることはある意味耐
えがたい場合もあるのも事実です。
以上が、入社から定年を迎えた方の、業務経歴をもとにその折々の事象を付記し
ました。
 コンピュータが大型汎用機から、PCの普及でのクライアント./サーバ時代、
ERPの導入、インターネットの拡大でのWEB化、分散から集中へクラウド環境
を活用とITのトレンドはどんどん変化しています。
現場の技術者は常に切磋琢磨しながら知識を習得し、それを経営に有効に活用す
るべく経営者は知恵をしぼっています。
 ITベンダーにおいても、顧客が求めるものはなにかを常に意識しながら、最
適、最短、最少価格で提供できる体制、仕組みを構築していく必要であると実感
しています。

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

西田 則夫(Nishida Norio)
情報処理プロジェクトマネジャー、ITコーディネータ

マネジメントの経験を顧客満足の向上に役立てたいと思います。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    itc-kyoto1 (月曜日, 10 6月 2013 09:42)

    「まったく同じものが二つとない、プロジェクト的な業務の改善」最近、この種の課題によく出会います。ITに関わらずですし、また、ここ一番の改革に挑む事業計画になればなおさら。

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!