企業の担当者が押さえておきたい景品表示法の基本 / 松山 考志

 1月のコラムにもありましたが、IDCの調査によると、スマホ、タブレット、
電子書籍リーダの販売が前年比20%で成長しているそうです。国内電子商取引市
場はここ数年間に年率2ケタの成長を続けており、経済産業省の調査では2010年
で約7兆8000億円、シンクタンクによると2012年には10兆円に達するとの見方も
あります。その背景には、昨年3000万台強にまで普及してきたスマートフォン=
スマホの存在が大きく、私たちの購買行動そのものを変化させています。何しろ、
移動しながらスマホで目当ての店を検索して行くことはもちろん、店頭で実物を
見ながら、その最安値情報を同時にネットで調べ、自宅でゆっくり買い物をする
ことができてしまうわけです。米国では、すでにリアル店舗で、このような消費
者の購買行動が話題となっており、店頭で品定めをしてからネットで安く購入す
る行動を「ショールーミング(showrooming)」と呼んでいます。
 米アマゾン・ドット・コムが運営する「プライス・チェック」、イーベイ関連
の「レッド・レーザー」などが有名で、消費者は、店頭においてスマホのアプリ
で商品のバーコードを読み込むと簡単に価格情報を比較することができます。ス
マホの普及は、景気低迷の長期化によって消費者が出費を抑えようという傾向を
さらに後押ししています。

 消費者は、ネットの口コミ情報を通じ、あらかじめ事前に商品の評判、使用し
た感想などをチェックして、賢く購買することが可能になりました。口コミサイ
トはその最たるもので、実際に店舗に訪れた感想、商品、サービスを利用した感
想が数多く掲載されるようになっています。口コミサイトが、訪れた人の自由意
志で書き込みされている時は信用できる情報になりますが、店舗側の意図で店舗
や商品の評判をあげるための書き込みを業者や有名人に代行させる事例が現れて、
社会の批判の的になったことはまだ記憶に新しいです。このような事態を受け、
消費者庁は、昨年5月に「インターネット消費者取引に係る広告表示に関する景
品表示法上の問題点及び留意事項」を一部改定し、口コミサイト問題事例として、
「口コミ投稿の代行を行う事業者に依頼し、自己の供給する商品・サービスに関
するサイトの口コミ情報コーナーに口コミを多数書き込ませ、あたかも一般消費
者の多数から好意的評価を受けているかのように表示させること」を問題視する
ようになりました。
 そもそも商品・サービスの品質や価格についての情報は、消費者が商品・サー
ビスを選択する際の重要な判断材料であり、消費者に正しく伝わる必要がありま
す。ところが、商品・サービスの品質や価格について、実際よりも著しく優良ま
たは有利であると見せかける表示が行われれば、消費者の適正な購買意思決定を
妨げることになります。景品表示法は、このような消費者に誤認される不当な表
示を禁止し、消費者が適正に商品・サービスを選択できることを目的としていま
す。
 消費者庁のホームページでは「インターネット消費者取引に係る広告表示に関
する景品表示法上の問題点及び留意事項」を公開していますので、具体的に理解
できます。要点は、商品・サービスの内容について実際のものよりも著しく優良
であると一般消費者に誤認される表示(優良誤認表示)、商品・サービスの内容、
その他の取引条件について、実際のものよりも著しく有利であると一般消費者に
誤認される表示(有利誤認表示)、その他、競争業者のものよりも著しく有利で
あると一般消費者に誤認される表示は、不当表示でNGということです。例えば、
口コミサイトに、地鶏を使っていないのに地鶏が美味しかったとの書き込みを業
者にさせる行為や、クーポン割引の対象商品を「通常価格」で販売したこともな
いのに、クーポン適用後の「割引価格」を不当に安く表示するとともに「通常価
格 5,730円、割引率 72% OFF、割引額 4,130円」と表示するような行為などが

記載されています。また、注意が必要なビジネスモデルとして、フリーミアム、

口コミサイト、フラッシュマーケティング、アフィリエイト、ドロップシッピング
が上げられています。

 最後になりますが、売り手側はとかく消費者の気を引こうとして広告や商品の
宣伝をしてしまいがちですが、商売の原点を客観視することが大切です。特にネ
ット経由での商取引が拡大しているために、ネットの情報は消費者の購買意思決
定を大きく左右する影響力を持つようになっています。企業担当者が意図せず、
消費者とトラブルにならないようなサイト運営を心がけ、自社のホームページ以
外の情報にも注意を払うことが必要になっています。

(参考文献)
・消費庁ホームページ
 http://www.caa.go.jp
・公益社団法人 日本アドバタイザーズ協会ホームページ
 http://www.jaa.or.jp

-----------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

 松山 考志
宅地建物取引主任者

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    August Duke (日曜日, 22 1月 2017 12:46)


    Hi there to every one, it's truly a pleasant for me to go to see this web page, it includes precious Information.

  • #2

    Zenobia Mullins (月曜日, 23 1月 2017 02:31)


    Post writing is also a fun, if you know then you can write otherwise it is complicated to write.

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!