3Dプリンター ~MAKERS 自分でやってみる楽しみ /藤井健志

ちょっとした立体が3Dプリンターで簡単に出力できるようになった。そうまさ
しく出力という感覚で3Dの立体がつくり出せるようになってきました。いまや
15万円程度でその機械が個人的にも手に入るようになってきました。自分自身
でいろいろと創りだすことが好きな筆者にとってはまだ手にはしていないですが、
非常に心惹かれるものがあり、色々調べる中で気づいたことなどを一度整理して
みました。
 
◆MAKERSーー21世紀の産業革命が始まる
日本でも非常に注目されるようになったきっかけは、昨年10月に米WIRED
誌編集長で『フリー<無料>からお金を生み出す新戦略』などのベストセラーの
著者であるクリス・アンダーソン氏の「MAKERS──21世紀の産業革命が始ま
る」が大きな役割を果たしたとよく言われています。「これからの10年でもの
づくりの世界が革命的な変化を迎える」と彼はその中で語っています。
 
印刷の世界を振り返ってみると、1980年代にはDTP(デスクトップパブリ
ッシング)が登場し、印刷会社に発注しなくても机の上においてあるプリンター
から印刷物を手にすることができるようになってきました。ちょっとした販促チ
ラシなんかも、少ない枚数なら個人で簡単にある程度のレベルのものがつくるこ
とができます。このような世界が立体物に対してもまもなく実現することにおそ
らくなるでしょう。
 
以前から3Dプリンターは製造業を中心に建築・医療・教育・先端研究などの分
野で幅広く使われてきました。建築分野ではコンペやプレゼン用の建築模型とし
て、製造業では試作品やモックアップとしてデザインや機能の検証などに使われ
てきました。これまでは安くても数百万円ぐらいはしたものですから、大手の企
業でしかなかなか導入されてはいませんでした。が、米3Dシステムズ社から5
月をメドに国内最安値となる15万円前後の製品が発売されると発表されていま
す 。
日経新聞4月17日に3Dプリンターについて簡潔にまとめられていたので以下
に引用します。
「3DプリンターはCAD(コンピューターによる設計)データを基に樹脂や粉
末などを溶かして積層させ、立体の造形物を作ることができる。製品の開発や試
作の際に金型を作る手間やコストがいらないため、製造業などで利用が広がりつ
つある。中高級機は数百万円から数千万円で、個人事業者向けは30万円~
300万円程度。造形の精度によって価格に大きな差がある。
世界では米国企業が強い。3Dシステムズと、イスラエル大手のオブジェットと
合併したストラスタシスが「2強」企業とされる。米調査会社、ウォーラーズ・
アソシエイツによれば、3Dプリンターの世界市場は2015年に11年実績比
2倍以上の37億ドル、19年には同4倍弱の65億ドルに達すると予測してい
る。」
 
◆ハードとソフトの価格の低下による広がり
なぜ近年話題に上がるようになったのでしょう。
先にも述べたように、まず第一にはハード価格の低下が挙げられます。15万円
程度のものが近々日本でも発売され、個人でも手の届くところに来ました。
ハードもソフトがなかったらただの箱、とよくいわれますが、3Dプリンターも
活用するにはCADソフトが必要です。これも通常は数十万円ほどしていました
が、最近では無償で利用できるものも現れてきました。ともに個人でも手を出し
やくなってきたことが、大きなきっかけとなっています。
 
◆3Dフィギュアがプリントされる仕組み
ではどうやって立体的なフィギュアのような造形物が3Dプリンターでつくれる
のでしょうか。
その仕組は、立体物の3DデータをPCのソフトで薄くスライスします。ちょう
どCTスキャンで人体を輪切りにするようなイメージですね。
スライスしたデータはほぼ平面です。これをインクの替りに溶かした樹脂で台の
上に印刷します。
1枚印刷できたら、その上に次の1枚を溶かした樹脂で印刷します。溶けている
から前の2枚はくっついて2倍の厚さになります。これ繰り返すことによって立
体物が出来上がっていきます。
 
インクジェットプリンターで紙の上にノズルからインクを噴射して文字や写真を
印刷するように、材料の細い樹脂ワイヤーを熱で溶かしながらプリンターヘッド
から押し出します。ヘッドはPCからの信号に応じて左右に動き1枚の絵を描き
ます。1枚が完成したら台がわずかに下がり、ヘッドは次の絵を溶けた樹脂で描
いていきます。前に書いた樹脂とくっついて、これを次々と何百層にも積み重ね
てひとつの立体物を形作っていきます。
素材としては樹脂以外に、金属の粉とレーザーを使う形式もあるそうです。
 
◆3Dプリンターでなにができるだろうか
筆者は残念ながらまだ行ったことはないのですが、渋谷区道玄坂には「3Dスタ
ジオCUBE」という3Dプリンターなどのデジタルツールが見られるショール
ームができています。
世界に一台しかないBodyScannerを使用した、スキャニングサービス
が開始されたとホームページにアップされていました。
またバレンタインデーに参加者の顔をスキャンして、それを基に顔チョコを作る
というワークショップも過去に開催されたということです。
http://www.i-guazu.co.jp/cube/
 
人体を3Dスキャンして採寸したデータで完全オーダーの服を作ったり、年賀状
を自宅のプリンターでつくる感覚で立体年賀状を書いたり、個人のオリジナルデ
ザインのプレゼントを友だちに送ったりなど、近い未来に何だか夢が膨らみます
ね。
 
◆テクノロジーのシェアの時代
ものづくり企業の元気がかつてほどないと言われてきた昨今でしたが、いろんな
技術の芽が現れだし新しい発展の兆しが見えてきています。大企業依存ではなく
小さな企業、一個人からでも大きな成功の可能性が大いにあると思われます。
これまでの常識にとらわれることなく、メーカーになることもひとつの道となる
かもしれません。
 
「個人が経済を動かす時代」、シェアの集積が大きな力となっていくでしょう。
テクノロジーが過去の時代よりも近い存在になってきました。デザインされたア
イデアをオンラインのコミュニティで公開し、世界の仲間と共創できるような場
ができあがりつつあります。レベルはとにかくとしてプロではなくとも個人でも
のづくりができる時代がうまれつつあります。
自分で「やってみる」「意識的に試してみる」ことからなにかが生まれる楽しみ
が増えて来ました。
 
------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール
藤井健志
一級建築士、中小企業診断士、ITコーディネータ
(勤務先)(株)日商社 プラニング部

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    ばーちゃわーるど (火曜日, 14 5月 2013 09:54)

    こんにちは

    「3Dプリンター」確かに便利なツールなのですが、
    20年以上前から試作業界では普通に使われてきた技術なので
    何でまた急に騒がれたんでしょうねぇ

    昨年から廉価な「家庭用」と銘打ったものが発売されだしましたが
    誰にでも使いこなせるようなシロモノではないです…

    とはいえ安くなったのは事実なので
    スキルのある人には楽しいツールですけどねぇ♪


    3Dプリンターって本当に安いの?
    https://sites.google.com/site/tokyovirtualworld/03-column/03-29-cost


    3Dプリンターって本当に簡単なの?
    https://sites.google.com/site/tokyovirtualworld/03-column/03-35-easy1


  • #2

    宗平 順己 (金曜日, 17 5月 2013 23:54)

    Makersでは、この3Dプリンタが安価になり家庭でも買えるようになったこと、Autodesk社がAutodesk 123Dという無料の3Dモデリングソフトとそこで使える部品集をリリースしたこと、また、製作データが標準化されたのでファブリケーションサービスが使えることなどを新たな興奮として挙げています。

    123Dの機能は確かに高価な3D-CADでしか使えなかったモデリング機能を誰でもが使えるようにコンシューマライズ化しようとしています。
    かつてICの世界にASICサービスがでて、各企業がカスタマイズICを自分で設計できる新たなマーケットが創造されたように、このしくみは多品種微量生産のマーケットを一般消費者まで広げれるところに大きな可能性があります。

    123Dには日本語のサイトはありませんが、たとえば下記のような応援サイトは多数立ちあがっています。
    http://pr.nhk-book.co.jp/makers/

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!