身近に感じたクラウドサービス / 松山考志

 先日、パーソナル・デジタルビデオカメラを購入する機会があり、もともと購
入の検討対象にしていなかったメーカーの製品を購入しました。理由は、機能と
価格のバランスがよかった点と、自分で録画した動画をメーカーのクラウドサー
ビスを利用し、家族や友人と簡単に共有できるという点に惹かれました。実は、
最初に購入を考えた際、録画した動画や写真をDVDにコピーして相手に渡すこ
とを考えていたのですが、ちょっと面倒だなと思っていました。そのような時に
タイミングよく店員の方が「会員登録をすればクラウドサービスを利用し、いつ
でも簡単に知り合いの方に動画や写真を簡単に共有できますよ」、「しかも無料
です」と教えてくれた一言が、購入の決め手になりました。これまで個人でクラ
ウドを利用することはメールや自分で作成したドキュメントを保管する程度で、
クラウドが便利だと思ったことはほとんどありませんでしたが、「クラウド」の
存在をとても身近に感じた瞬間でした。

 昨今のようにモノがあふれている時代で、同じような機能を持った製品を複数
のメーカーが販売している状況においては、消費者はカタログだけ見ても商品の
よさが簡単に分からず、同じようなものがあれば価格の安いものを購入してしま
うでしょう。販売者側はついモノを売ろうとしてしまいがちですが、モノの差別
化ができない今日では、お客様はモノではなくサービスを求める傾向が強くなっ
ています。また、なかなか景気が回復しない現状では、モノを購入するよりは必
要な分を必要な時間だけ使用するニーズが強くなっています。営業現場に出ると、
本当にお客様はサービスを求めていると実感することが多くなりました。

 ITの話に戻りますが、MM総研の調べでは国内クラウド市場は急成長を遂げてお
り、2017年度には市場規模が2兆円に達する見通しということです。2012年度の
国内クラウド市場は5千億円程度、その後5年間は年平均32.0%の成長を続ける
との予測です。クラウド採用の基準が「コストが安い」から「セキュリティレベ
ルの高さ」にシフトし、情報漏えいやサイバー攻撃、ウィルス感染などの脅威に
対して一定の関心があることも新しい傾向になっています。実際、私自身、自分
が利用しているWebサービスがサイバー攻撃の被害に会い、数ヶ月サービスを利用
できなくなることを経験しました。自分自身は被害に会いませんでしたが、顧客
データが盗まれる被害も発生しています。ベンチャー企業が提供しているサービ
スでしたので、まさかこのサイトが被害に会うとは思っていませんでしたが、規
模の大小関係なくサイバー攻撃の被害に会うリスクを認識する必要があると感じ
ました。クラウドには確かに、利用者にとってはコストを抑えてITを活用でき、
企業にとってはクラウドを使って価値あるITサービスを提供することができると
いうメリットがあります。一方で、このような事故が発生するリスクがあること
も認識した上で利用する必要があります。
 
(参考)
・MM総研ホームページ ニュースリリース
 http://www.m2ri.jp/newsreleases/main.php?id=010120130828500

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

松山 考志
宅地建物取引主任者

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    Jada Alejo (日曜日, 22 1月 2017 23:20)


    Hello, of course this article is genuinely fastidious and I have learned lot of things from it on the topic of blogging. thanks.

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!