システムには性格があります / 宗平 順己

 タイトルをみて???と思われた方も多いと思います。皆さんが仕事で使って
いる情報システムには、実は性格があります。
 ガートナーが提唱しているペースレイヤーモデルが性格分類の一例で、システ
ムの更新頻度に応じて企業システムを以下の3つに類型化しています。

革新システム:新しいアイデア
 → 試行錯誤を繰り返す。頻繁に変更させながら仕上げていく。
差別化システム:異なるアイデア
 → コアコンピタンスをつかさどる。競争優位を維持するために迅速な変更が
   求められる。
記録システム:会計、人事など
 → 変化が少ない。誤りがないようにしっかり作る。パッケージを使う。

 この類型は、システムの性格に応じて開発の進め方や使う技術を変えないとい
けないということを示しています。記録システムは、差別化が必要ではないので、
パッケージを使って、むしろ社内の例外処理をなくしてパッケージにあわせてい
くということが求められます。古典的なウォーターフォール型の開発手法が適し
ています。
 差別化システムは、コアコンピタンスにかかわるところなので、「絶対に」パ
ッケージにあわせてはいけいところです。自分たちがどうしたいのかTo-Beを描
いてそれを実現するためにシステムを組むのですが、ライバルや市場の動きにあ
わせて、柔軟な組み換えも求められます。このため、SOAなどのような組合せ型
でのシステム開発が必要で、これには、それに即した開発プロセスを適用する必
要があります。
 一番上の革新システムは、新規事業と連動していることが多く、ビジネス的に
はサービスを市場に提供して反応を見ながらチューンナップしていくことになる
ので、システム側としてもクラウド、アジャイル、SOAを組み合わせた開発スタ
イルが必要となります。
 残念ながら、このような性格を意識してシステム構築しているベンダもユーザ
もありません。革新システムであるのもかかわらずウォーターフォールで開発し
ようとして、仕様変更が頻発し、ユーザ側もベンダ側も疲弊してしまうという悲
劇的な事例は枚挙にいとまがありません。
 この逆の例も多いです。記録システムであるにも関わらず、「うちはこのやり
方してるから」と言って、本来投資すべきでない、社内の独自ルールに無理やり
パッケージを合わせようとして無駄な金を使ってしまう。作った当初は良いので
すが、OSなどの関係でバージョンアップしようとすると、また同じ「無駄な」カ
スタマイズが発生してしまい、本来投資すべき「差別化」システムにまわすお金
がなくなってしまうという悲劇です。
 以上ご紹介したような判断ミスは、IT担当者の責ではありません。経営者の判
断ミスです。また、この判断にはITの知識は不要です。システム開発の対象とす
る業務はどういう性格のものであるかは、ITではなく経営者の判断が求められる
ものです。

 読者の皆さんは、同じ悲劇を繰り返さないよう、しっかりと意思決定して頂き
たいと思います。

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

氏 名 宗平 順己(むねひら としみ)
所 属 ITコーディネータ京都 副理事長
    (株式会社ロックオン 特別顧問)
資 格 ITコーディネータ、公認システム監査人

専門分野
・サービスデザイン(UX)
・クラウド
・BSC(Balanced Scorecard)
・IT投資マネジメント
・ビジネスモデリング
・エンタープライズ・アーキテクチャ  など

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!