ケータイ進化2014 / 松井 宏次

四季の移り変わりが昔のようでは無くなって来たとはいえ、今なお、暮らし
を取り巻く風物が秋を感じさせてくれます。
気温が下がって来て、気がつくと田園に秋アカネが飛び始めています。一般
に赤トンボと呼ばれ親しまれて来ましたが、多分にもれず、その数は減少し
て来ています。
少しづつ早くなって行く秋の暮れ時に、夕陽を浴びて秋アカネが稲穂の上を
飛び交う。そんな景色を大切に守ろうという取り組みも、各地であるようです。

さて、このコラムで、何度か取り上げて来たもののひとつが「ケータイ」。
携帯「電話」ならぬ「ケータイ」への進化をとりあげて来ましたが、今回は、
少し広く、ケータイとタブレット端末を取り上げてみます。

ちなみに、最近では、ケータイのなかでも、すっかりスマートフォンばかり
になったような気になってしまいがちです。
政府の消費動向調査をはじめ、少しづつ報じられる数値は異なるのですが、
乱暴にくくってしまえば、国内で、世帯あたりの普及率として、携帯電話は
9割を越え、スマートフォンは、どうやら50%あたりのようです。電車や
バスのなかで、あちらこちらでスマートフォンを触ったり、イヤーフォーン
を挿して音楽を聞いたりしている姿を目にすると、世の中から、従来型の携
帯電話(ガラケー)が消えたのではと思いたくなりますが、もちろんそんな
ことはないようです。ガラケーの普及率をスマホと両方の場合も含めてみて
みると、ガラケーは7割を越える世帯普及率になるようです。

しばらく前のことですが、アジア地域で、スマートフォンではなく、電話機
能のついたタブレット端末が選択される動きがあるといういうニュース記事
が目にとまりました。今年'14年の第二四半期に、アジア太平洋地域(日本
以外)でのタブレット端末の25%が、電話機能付きだったとのことです。
そのニュースの解説によれば、画面が大きくて電話もできるタブレットを売
りだしたところ人気を集めたということで、何より低価格だったことがポイ
ントだと説いていました。

もとを辿れば、今のタブレット端末普及の始まりは言うまでもなくアップル
のiPadでした。動画サイトにもアップされている発表時のプレゼンテーショ
ンをご覧になったかたもいらっしゃると思います。そこでは、iPadを世の中
に出すのであれば越えなけれなならないハードルの高さから語りはじめられ
ています。スマートフォントとPCの間に存在して、圧倒的な魅力をもつデバ
イスである必要性についてです。
そのとき語られたコンセプトと、アジアでブームがおきそうという「大画面
電話タブレット端末」とは、全く異質です。もちろん、これは、ことの良し
悪しではありません。タブレット端末の市場での展開を眺めながら、「そう
かそうか、パソコンの代わりがひと通りできて、電話もできて、値段が安け
れば、そりゃいいよね」と製品を送り出して来たことは、下手に、ありきた
りだったり真似事だったりする「付加価値」を訴えるより、よっぽど賢い選
択です。
ちなみに、こうした端末電話が日本で受け入れられるには、それを使ってい
る姿が様になっていると利用者が思えるような、ひとひねりが必要になるの
でしょう。

ところで、'12年のコラムを振り返ってみると、スマートフォンであっても、
タブレット端末であっても、機器ハード性能などだけでなく、ユーザーと
しての利用目的に立ち返るべきと語ったうえで、「現在、その普及が多方面
で促されている、ビジネスでのタブレット端末の利用においては、一層その
見定めは大切です。」と結んでいました。
当時は、あちらこちらで、使われないタブレット端末「お飾りパッド」がで
きてしまうんじゃないかと、そんな思いがあって書いていたのですが、読み
返してみると、なんとも、おせっかいなメッセージです。
今では、ビジネス上での利用の検討でも、まずはタブレットありきといった、
このデバイスに切り替えることが何かをもたらしてくれるのだ、というよう
な売り込みやプランは、さすがに無くなっているようです。

タブレット端末では、テキスト、画像・映像、音声とを自然に織り合わせた
使いかたが、どう生み出されるかといったことが、これからの課題のひとつ
だと思います。ただ、そうしたことは、ビジネスに限ったことではないです
ね。そもそも、タブレット端末に関わらず、パーソナルコンピュータ全体に
渡る課題であり、まだまだこれから味わえる「お楽しみ」なはずです。楽し
めるということが、今なお、コンピューティングを前に進める原動力だと思
います。

------------------------------------------------------------------------
  ■執筆者プロフィール

  松井 宏次(まつい ひろつぐ)
  ITコーディネータ 中小企業診断士 1級カラーコーディネーター

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!