人間の問題としての情報 / 清水 多津雄

1.情報はきわめて人間的なものである
こうわざわざ言うのも、情報と言えば、すぐにBIや統計やビッグデータとい
ったテクノロジーに眼が行きがちだからである。しかし、ビッグデータをブン回
し、統計を駆使し、高度な分析データを出したとしても、それを読み解ける人間
がいなければ、実は意味がない。いや、そもそも、ビッグデータをどの切り口で
ブン回すのかという段階ですでに仮説が必要であり、それを発案できる人間がい
なければ、分析もままならない。生身の人間が鍵を握るのである。

2.異質なる環境から生まれる情報
なぜ、そうなるのか? 
情報とは見知らぬことについての知らせである。すでに知っていることに情報
価値はない。「えっ、そうだったのか!」という気づきを引き起こすものが情報で
ある。
ということはつまり、見知らぬことに接触するとき、情報が生まれる。逆に、
見知らぬことに接触しない限り、情報は生まれない。慣れ親しんだ、よく見知っ
た関係の内部にいる限り、情報は無用なのである。異質で、見通し難く、よくわ
からない環境に踏み込むとき、はじめて情報が重要な機能を果たし始めるのであ
る。
では、企業にとって見知らぬこととは何か。それは、顧客や競合、市場といっ
た環境であろう。競合はもちろんのこと、顧客も市場全体も、異質で、見通し難
く、よくわからないものである。このことは、当り前なことであるが、他方必ず
しも自覚されているとは限っていない。特に、社内都合で製品やサービスを提供
するようなタイプの企業はそうである。顧客にも競合にも向き合うことなく、自
分たちが得意だから、収益上必要だからといった理由で製品やサービスを投入す
る。こうしたタイプの企業にはそもそも情報は必要ない。
逆に、自分たち内部の慣れ親しんだ常識や思い込みを否定し、顧客や競合の見
通し難さを自覚し、その異質な環境に踏み込むとき、はじめて、「えっ、そうだっ
たのか!」という気づきが生まれる。それが情報となるのであり、自分たちの製
品やサービスのダメさ加減を思い知らせ、イノベーションのきっかけを生み出す
のである。
結局のところ、自分たちの都合ではなく、顧客や市場が真に望む価値を提供し
ようとすれば、否が応でも情報が必要となる。そして、そのためには、その企業
が、さらにはその中の一人一人の成員が、顧客や市場の見通し難さを理解しつつ、
そこに踏み込んで行くことが不可欠なのである。そういう人間がいなければ、情
報は取得も活用もできない。逆に、そういう企業や人間であればビッグデータ分
析においても鋭敏な切り口を発案できるだろうし、分析結果からも重要な意味を
引き出せるだろう。

3.異質なる環境へ踏み込めるか
しかし、言うは簡単だが、実際には難しい。なぜなら、企業という組織は、私
たちを内部の動きへと否応なく巻き込んでいく傾向をもつからだ。私たちは企業
の中で気づかないうちに内向きの傾向をすりこまれてはいないだろうか。顧客第
一などと言いながら、社内動向にばかり気を取られていないだろうか。内部から
は真に意味のある情報も、それを活用したイノベーションも出てこないだろう。
なぜなら、異質なる外部、それだけが企業に付加価値を提供するチャンスと対価
としての利益を与えてくれるからである。そして、その外部に踏み込んでいける
人間がどれだけいるかが、その企業の力を決めるだろう。

ということで、情報とはあまりに人間的なものであると思う。さらに大げさに
言うなら人の生きる姿勢にまでかかわるものなのだと思う。IT以前に、そして
ITを真に生かすためにも、自分自身も含め、情報にはこうしたあまりに人間的
な次元があることにあらためて思いを致すべきではないかと、思うのである。

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

清水多津雄
ITコーディネータ
企業内ITCとしてITマネジメントに従事
大学・大学院での専攻は哲学。
現在、オートポイエーシス理論、とりわけニクラス・ルーマンの社会システム理
論をベースに企業で役立つ情報理論&方法論を模索中。

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!