エンドユーザ開発の功罪/岩本 元

1.エンドユーザ開発とは
 エンドユーザ開発(EUD:End User Development)とは、情報システムを利用し
て業務を行う社員(=エンドユーザ)が業務に必要なアプリケーションを自ら開
発・運用することです。
 かつて、Lotus Notes(ノーツ)というデータベースを容易に開発・実行するソ
フトウェア製品が大流行し、ノーツを用いたEUDによって、掲示板、文書管理デー
タベースなど非常に多くのアプリケーションが生み出されました。その後も、ノ
ーツと同様にEUDを促進する機能を持った数多くのグループウェア製品が誕生して
います。また、Microsoft社の表計算ソフトExcelで作成する表にはマクロという
プログラムを簡単に作成し追加することができるため、EUDによく用いられます。

2.エンドユーザ開発のメリット
 EUDには次のようなメリットがあります。

1)アプリケーションの要件定義からプログラミング・テスト、利用までを同じユ
 ーザが行うため、業務要件を誤解することなく、アプリケーションの設計・ソ
 ースコードへスムーズに反映できます。画面やテーブルに項目を追加するとい
 った、アプリケーションを開発中の要件や設計の変更も対応しやすくなります。

2)グループウェア製品やExcel等のEUD基盤ソフトのベース機能を用いると追加

 機能のみプログラミングすることでアプリケーションを割と容易に開発できる

 ため、ユーザが日頃の業務をしながら直営で開発と保守を行えます。つまり、

 追加費用が不要です。

 そこで、一般の情報システム開発を統制するIT部門が開発要員や予算等のリソ

 ースを割り当てられずに蓄積するニーズ、すなわち情報システム開発のバック

 ログの一部を解消することができます。

3.エンドユーザ開発のデメリット
 一方、EUDには次のようなデメリットがあります。

1)追加費用が不要でも、実際にはユーザの直営人件費の一部が費やされており、
 厳密に言えば投資です。EUDではアプリケーション1つ1つの投資額は小さい
 ですが、同種のアプリケーションが社内に複数存在し、総計すると大きな多重
 投資を引き起こすことがあります。

2)画面のレイアウトなどが標準化されないため、アプリケーション毎に操作方法
 が異なり、複数のアプリケーションを使用するときに操作習得の手間が発生し
 ます。


3)EUDでは通常、アプリケーションの設計書等のドキュメントを作成しません。
 そのためアプリケーションの開発・保守が属人化し、開発したユーザが異動す
 るとアプリケーションの改良、バグの修正などの保守が困難となります。ノー
 ツ等の基盤ソフトウェアをバージョンアップする際、完全な上位互換性が提供
 されないためアプリケーションの改修が必要となりますが、それも困難です。

4)EUDで開発するアプリケーションに情報セキュリティの脆弱性対策が適切に施さ
 れず、ウイルス感染や情報漏えいを引き起こすことがあり得ます。また、レア
 ケースですが、財務諸表に係る計算を行うEUDアプリケーションがJ-SOXのIT統
 制対象となる場合、適切に管理できない問題もあります。

4.今後のエンドユーザ開発
 メリットが活きる適用シーンに絞りつつ、デメリットに対処しながらEUDをうま
く使いましょう。
 適用シーンとして、例えば、業務パッケージソフトウェアを導入するとき、なる

べくカスタマイズを抑えることが必要です。そのため、パッケージからデータを

Excelに出力し、業務に合わせた加工処理をExcel上のEUDで開発することが有効で

す。

 IT部門がEUDの調整役(ブローカー)の役割を備えることで、同種のEUDアプリ

ケーションが社内に複数存在するデメリットを抑えることが考えられます。

 また、アプリケーションの雛型や部品(画面、基本機能)を持つ基盤ソフトや

PaaSを採用することによって、操作性をある程度統一し、ユーザによるアプリケー

ションの保守・改修の手間を緩和することが可能です。それでも、属人性が残る場合

には、基本的に開発者の配置転換時にEUDアプリを廃棄し、業務上不可欠となって

いるものは、IT部門にて再開発するという運用も考えられます。
 
 近頃、大規模な情報システムの開発においてITベンダに開発を丸投げせず、業
務要件を正しくプログラムまで伝えてビジネスや業務における情報システムの効
果の最大化を図る、ユーザ主体の情報システム開発や開発の内製化が提唱されて
います。このユーザ主体開発はEUDと強い関連があるため、今後の動向を注目した
いと思います。

[参考]
システムイニシアティブ研究会 http://system-initiative.com/HTML/index.html

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール
 岩本 元(いわもと はじめ)

 ITコーディネータ、技術士(情報工学部門、総合技術監理部門)
 &情報処理技術者(ITストラテジスト、システムアーキテクト、
          プロジェクトマネージャ、システム監査他)
 企業におけるBPR・IT教育・情報セキュリティ対策・ネットワーク構築のご支援

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!