クラウドサービス利用これはやってはいけない/杉村 麻記子 いいじゃないの~ダメよ~ダメダメ~

 2014年も残すところあと2日となりました。今年のICT市場は、ソーシャル、

分析(ビッグデータ)、モバイル、クラウドなどが注目されていました。その中

でもクラウドについて、IDC Japanによる予測では、国内パブリッククラウド

サービス市場は、2013年の同市場は前年比37.4%増の1302億円となり、

2018年は2013年比3.0倍に当たる3850億円に拡大するとのことです。
 中小企業がIT導入時にクラウドを一つ目の選択肢として検討する「クラウドフ
ァースト」が当たり前の時代となってきました。皆さんよくご承知のAmazonは、
当日配送で日本の通販市場にインパクトを与えてきましたが、Amazon Web

Serviceも同様にクラウドの世界でもそのスピードと実行力でIBMやHPといった

ハードメーカーを追いやり、MicrosoftやGoogleを凌いでいます。
 2014年はまさにクラウド時代真っ只中・・といえるようです。クラウドサービ
スを使う、メリット、デメリットも見えてきました。実際に利用する際には以下
のような「中小企業のためのクラウドサービス安全利用チェックシート」にある
ようなことを十分考慮しておく必要があります。

 A.クラウドサービスの利用範囲について
 ・利用範囲の明確化(利用する対象業務の切り分けや運用ルールの設定)
 ・適切なサービス選定(種類とコスト)
 ・扱う情報の重要度と管理レベルの決定
 ・セキュリティポリシーやルールとクラウドサービスの整合性

 B. クラウドサービスの利用準備について
 ・担当者の確保しているか
 ・ユーザの適切な管理ができるか
 ・パスワードの適切な設定・管理ができるか
 ・サービス停止時などに備えたデータの複製ができるか

 C. クラウドサービス提供条件等について
 ・事業者は信頼できるか
 ・サービスレベルなどの信頼は高いか
 ・セキュリティ対策は万全か
 ・利用者サポートは充実しているか
 ・利用終了時のデータ取り扱いの条件はあっているか 
 ・契約条件項目を確認したか
 ※IPA「中小企業のためのクラウドサービス安全利用の手引き」より
 http://www.tokyographics.or.jp/privacy/cloud_check.pdf

 公的支援機関からは、このようなクラウド利用の手引きがでていますので大い
に参考にしてください。そして再度私自身が考える「クラウドサービス利用の
やってはいけない」を3点あげさせていただきます。

1)目的と手段をはき違えてはいけない
 様々なクラウドサービスが提供されていて、簡単に導入することができるよう
になっています。うまく活用するためには、ビジネス課題の解決といった「目的」
とそのために何をすべきか「手段」を考えてその1つの選択肢としてクラウドサー
ビスがあるという意識が大切です。そもそもシステム活用が必要なのか? その
システムの利用形態にはどのようなものがあるのか?(クラウド? オンプレミ
ス?) クラウドサービスを使うことが目的になってはいけません。

2)有償サービスだからといって安心してはいけない
 無料クラウドサービスの利用は、突然のサービス停止といったリスクが潜んで
いることご承知のことと思います。Yahooグループやgooメール、iGoogleなどの
大手の無料サービスが終了して別の仕組みに乗り換えられた方も多いのではない
でしょうか? このように無料サービスでは突然のサービス停止されるリスクが
高いのですが、有償サービスだからといってこのようなリスクがゼロになるわけ
ではありません。実際に有償のストレージサービスであったKドライブは今年の8
月でサービスが終了しました。
 有償サービスであっても、プロバイダー側の方針や戦略によってサービス提供
がされる場合がありますので、有償無償にかかわらず、プロバイダーの会社の状
況や利用者の推移、提供条件などを十分に調べておく必要があります。

3)ずっと同じ機能が利用できると思ってはいけない
 利用者が多くて有償サービスだし信頼ができるプロバイダー、新規の契約者が
増えているだから安心でしょうか? 答えはNoです。
 クラウドサービスは多くのプロバイダーが参入していて競争が激しい市場です。
したがってサービスプロバイダーは新しい利用者を獲得し、既存の利用者が他社
に流れないように、どんどんと新しい機能を提供し、利用できるシステム環境
(OSやブラウザー)などをどんどんと新しいものに対応できるような改修を行っ
ています。利用者にとってメリットがあるようにも思えますが、実はここに落と
し穴が潜んでいます。
 新しい機能が提供されるということは、使えなくなる機能もあるということで
す。この機能が利用したくて契約したのに、突然使えなくなるといったことが発
生します。最初からシステムの機能が足りない場合は、システム以外の業務処理
などを準備して対応することが可能です。しかし順調に使えていた機能が突然使
えなくなると、せっかく整備された社内のフローなどを一から見直す必要が出て
くるのです。
 また利用できるWindowsOSの環境やInterenetExplore等のブラウザーのバージョ
ンに関する問題があることは、案外と気づいていない利用者も多いようです。
 社内のパソコンにオンプレミスの仕組みを導入して使っている場合は、パソコ
ンのOSやInterenetExploreバージョンを無理にバージョンアップする必要はなく、
古いバージョンのモノでも十分使えます。これがクラウドサービスだとどうでしょ
うか? パソコンにソフトを入れずにブラウザさえあれば使えるというのがクラ
ウドサービスのメリットの一つですが、これが逆に足かせになるのです。大手で
利用者の多いサービスプロバイダーになればなるほどWindowsOSやブラウザバー
ジョンアップに早く対応をしてくれます。これは逆に古いバージョンのサポート
ができなくなるということを意味します。例えばMicrosoftのOffice365の
SharePointがサポートするIEのバージョンは11および10です。(今後は最新のみ
となる) IEのバージョン8や9はサポート対象外です。別に古
いIEでも使えるのでは? と思われるかもしれませんが、実際にIE8では突然使
えていた機能が使えなくなり、操作に大きな支障をきたすようなケースが多く発
生しています。このような場合はいくらサポートに問い合わせをしても、「IEの
バージョンアップをお願いします」と切り返されるだけですので、それに従わざ
るを得ません。ブラウザーのバージョンアップができればいいのですが、今度は
他のシステムやサービス利用ができなくなるという問題も発生する可能性があり
ます。

 クラウドサービスは、システム導入のコストや時間を短縮することができる大
変便利なサービスですが、このようなリスクや問題があることを十分理解して活
用することが大切です。

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

杉村麻記子
中小企業診断士・ITコーディネータ・PMP

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!