スター・ウォーズ エピソード -1 ~標準化の行方~ / 上原 守

 皆様,明けましておめでとうございます。
 本年もITC京都をよろしくお願いします。

■ヒトデとインターネット
 昨年12月1日号の富岡さんの「生き物から学ぶ経営の勘所…ヒトデ編」によれ
ば,ヒトデは頭に該当する部分もなければ心臓もありません。どこかに移動しよ
うと一つの腕がその方向に動き出すと,残りの腕もそれに同調して,ヒトデ全体
としての移動が始まるそうです。
 皇帝アタワルパが絶対的なリーダーとして君臨する中央集権的組織であったイ
ンカ帝国は,アタワルパが捕らえられ処刑されると,瞬く間に攻略されてしまい
ます。モクテスマ2世を王としたアステカ帝国も同じような経緯をたどります。
 確かに銃という優れた武器があり,馬という機動力があったにせよ,当初わず
か168名の兵士しかいなかったスペイン軍は,8万人の兵を持ったインカ帝国の皇
帝を捕虜にしてしまいます。内戦やヨーロッパからもたらされた天然痘などの疫
病で弱体化していたにせよ,その後,インカ帝国はズルズルとなし崩し的に敗戦
を重ね滅亡してしまいます。
 対して,ヒトデの神経系に類似した分散型組織であったアパッチ族は,2世紀
にわたってスペイン軍を撃退し続けたとの事です。

 結論として「全員にリーダーシップがある組織は,一部の人にだけリーダーシ
ップがある組織より圧倒的に高い成果がでやすい」とあります。確かにその通り
だと思います。

 もともとインターネットの仕組みも,軍事的な中枢が叩かれても,分散して反
撃できることを前提に考えられています。ですから,言ってみれば蜘蛛の巣より
もヒトデ型に近いのかも知れません。
 ヒトデの神経網に当たるものは,インターネットでは有線・無線の物理的ネッ
トワークと,ネットワークを構築するルーター群及びDNS等の各種のサーバー群
になると思います。また,細胞に当たるものは,アプリケーションの処理を担当
するWebサーバーと,PCをはじめとするクライアント群になると思います。

■ヒトデの再生能力とインターネットのOS
 ヒトデは,腕を切られても再生しますし,切り取られた腕からもまた新しいヒ
トデが形成されます。これはヒトデを構成する細胞が,同じ設計図(DNA)を持
った万能細胞(昨年,色々話題になりました)であることを意味します。
 インターネットを構成するサーバーのOSは,CISCOのiOSや,UNIX,Linuxが中
心です。クライアントのOSは,一昔前迄はWindowsが圧倒していましたが,今は
スマートフォンの普及により,AppleのiOSとAndroidがWindowsを凌駕していると
思います。
 生物のDNAに相当するものは,マシンの場合はOSになります。
 とすると,ネットワークが再生可能性を確保するためには,ネットワークを構
成するマシンが同じOSで動いていて,人為的な初期設定だけでなく,周りの状況
を自動判断することによって,DNSやルーターに変わってくれる機能が必要にな
ります。ネットワーク自体にも多重化が必要になりますが,無線化が進めば物理
配線の制約からはフリーになります。

■iOSとAndroidのこれから
 私はAndroidを使っていて,妹がiPhoneを使っています。以下はfbに書いた文
章の焼き直しです。
 昨年の秋に,iOSとAndroidをちょっと調べていて思ったのですが…iPhoneは,
HWとSWのバランスが良いです。Androidは,どちらかというとHWの力任せ感があ
ります。
 吉村昭氏の「零式戦闘機」を読んだのですが,iPhoneがゼロ戦ならAndroidは
F6F ヘルキャットって感じでしょうか。
 でも,AndroidもiOSもTVとかHDレコーダーとかも制御できそうです。固定電話
がAndroidやiOSになって,スマホやタブレットから,風呂や冷蔵庫,洗濯機を含
めた制御をシームレスに始めると,IoT,Home Information/Energy Management
が実現します。
 住宅メーカーは,iOSの家とAndroidの家やマンションを作りそうです。電力の
スマートグリッドと連携すれば電力使用量の確認とかいらなくなります。そこで
iOS割引とかすれば,もっと効果が出てきそうです。
 そうすると,iOS対応の自治体とAndroid対応の自治体が出てきて,やがて国単
位でiOSとAndoroidに分かれて行きます。
 その頃にはiOSはLinuxを取り込み,ビル・ゲイツは金にあかせてAndroidを取
り込んでしまっています。

■スター・ウォーズの世界へ
 人類の銀河系進出に伴い,宇宙船にはOS毎の多様なアプライアンスを乗せる余
裕はないので,汎用的な機器が搭載されます。その際,iOSの機器を積んだ宇宙
船と,Androidの機器を積んだ宇宙船ができます。結果的に殖民された星がiOSの
星とAndroidの星になります。
 銀河の星々は,iOSの星を中心に銀河共和国となって,ジェダイに守られてい
ます。
 しかし,やがてAndroidの星にビル・ゲイツの生まれ変わりが誕生し,暗黒卿
ダース・シディアスになります。ダース・シディアスにより,銀河共和国の星々
は帝国化してしまいます。
 そして,iOSの星である砂漠の惑星タトゥイーンに,スティーブ・ジョブズの
生まれ変わりのアナキン・スカイウォーカーが誕生しますが…
 我々はスター・ウォーズ エピソード -1の時代に居るのかも知れません(笑)

■終わりに
 2015年は,バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2の舞台になった年です。
 今回はその話にしようかと思ったのですが,ウィキペディアによれば11月12日
の話らしいので,また年内に機会があれば,そのネタで書かせていただこうかと
思います。

 最後になりましたが,本年の皆様のますますのご活躍をお祈りいたします。

参考資料:
銃・病原菌・鉄(上・下) 1万3000年にわたる人類史の謎 ジャレド・ダイアモ
ンド

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

上原 守
ITC,CISA,CISM,ISMS審査員補,IPAプロジェクトマネージャ

エンドユーザ,ユーザのシステム部門,ソフトハウスでの経験を活かして,上流
から下流まで,幅広いソリューションが提供できることを目指しています。

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!