コンサルタントの道具箱 -アジリティーを求めて / 丸山 幸宏

1.アジリティー(俊敏性)をビジネスに、そこでITができること

 ずいぶんと長い間、ITをビジネスに役立てることをお手伝いする専門家として、
働いてきました。モチベーションとして、自分達が提供できることの価値を高め
ようと、様々な創意工夫をするとともに、競争に勝つために社内外で切磋琢磨さ
れてもきたと思います。とはいえ、このお題目については、IT業界では幾度とな
くスローガンのように叫ばれましたが、なかなか手強く、正直なところ、手応え
というものをあまり感じて来ませんでした。「発注リーダタイムを短縮する」と
いった単なるスピードアップとは違いますからね、このアジリティーって能力は。

 よく例えられるのは、「自動車のフルモデルチェンジ周期」で、バブル前のま
だ成長期の日本メーカーが、より成熟していた海外勢に追いつくために、当時の
海外勢で主流の8−10年周期を4−5年周期に縮めることで、いろんな意味での
成熟を早めたこと。これに対抗(追従?)して、海外勢がBPR等思想面と、ERP等
道具面でのイノベーションを積極活用してきたというおはなしです。
 この自動車の例では、「いろんな仕事の仕組みの”あり方”と、その”回し方”、
それらを創意工夫で改善し続ける能力」が、企業風土を含めた様々な支えの中で
開発され続けてきたんだろうなと。我々ITの専門家って、単独だとちょっとうさ
ん臭いと思うのですね。だけど、向き合っているいろんなお客様がいるから、救
われていると思うんです。

 ところで、最近、再びこの命題と向き合うことがあり、その体験というか、悪
あがきというか、少し手応えを感じたので触れてみたいと思います。

2.アジリティ・レイヤー
 あるソリューションベンダーの「うんちく本(英語版)」で見かけた一枚の絵、
ピラミッドが上中下の3層に分かれていて上から「戦略」「アジリティ・レイヤ
ー」「IT」というもの。戦略はビジネスモデル、ITはアプリケーションで、間を
つないでいるのが”プロセス”。これが肝故に、BPM(ビジネス・プロセス・マ
ネジメント)という管理体系が発達して来たとのこと。
 著者曰く「プロセスはビジネスの生命線で、十分に手入れをした場合にのみ、
企業戦略とITとのアジリティ・レイヤーとして機能する。BPMは、まさにこの目
的のために作られたもの」。

 このBPMの頭にエンタープライズを付けることで、拡張して体系化したものが、
この本でガイドされている「Enterprise BPM」というフレームワーク群で「戦略
策定」・「設計」・「導入」・「構成」・「実行」・「監視と統制」という6つ
のステップから構成され、6角形の絵で示されます。
 このガイド本は、以下の様に1+5章構成で、上記6つのステップについて2
章以降で紹介される5つのフレームワークが、それぞれどのステップをカバーし
ているかを順に触れていきます。

 フレームワークは、以下の通りです。
第1章:エンタープライズBPM - 組織間のサイロを解消し、プロセスに力を発揮
第2章:ビジネス・プロセスの解析 - プロセスを変換/転換することで、ビジ
    ネスを変換/転換
第3章:エンタープライズ・アーキテクチャ(EA)管理 - プロセスやビジネスと
    ITを同調
第4章:ビジネス・プロセス・マネジメント(BPM) - プロセス自動化により、競
    合を超える業績を達成
第5章:プロセス・インテリジェンス - プロセスをモニタリングし、そのパフ
    ォーマンスを改善
第6章:ガバナンス、リスク、コンプライアンス管理(GRC) - プロセス駆動によ
    るGRCが、唯一の解である理由

3.エンタープライズBPM

 エンタープライズBPMは、組織間のサイロを解消しプロセスに力を発揮させる。
でも、「競争優位を生む源泉としてのビジネスプロセス改革」ってちょっと構え
過ぎるよなぁ。
 ビジネスプロセスの改革や変革といったアプローチは、何かキッカケがないと
なかなか始められないものです。このガイド本では以下のように触れられていま
すが、「こういった活動そのもののトリガーをどう引くか」が、とても難度の高
い、苦労する点ですね。要は、経営者やせめてCIO自身がトリガーを引かないと
何も始まらないよ、ということかな。

 著者曰く「プロセスの能力を発揮するには、持続可能なエンタープライズBPM
(EBPM)プログラムによって「人材」、「プロセス」、「テクノロジー」を統合す
ることが不可欠」。
 まず、多くの場合に問題となるのは、そのようなプログラムをどのように開始
するかということです。最初に、周囲の適切な人材を選択します。IT に興味を
持っているビジネス部門の人達と、ビジネスに興味を持っている IT 部門の人達
が必要です。また、自分のネットワークを活用して、それらの個人を特定して関
与させます。
 次に、改善によって大きな効果を生み出せるようなコア・プロセスを特定しま
す。パイロットプロジェクトをセットアップし、これらのプロセスの記述、最適
化、自動化、測定を行います。
 経営層の応援を得て(1章と4章E-BPM)、企業戦略を反映して(2章BPA)、ITの
構想(3章EA)を、最初に測定し(5章PI)、次にリスクおよび統制を反映するため
に、マップ(6章GRC)します。
 1つのプロセスから開始し、順に次のプロセスへ移ることで、迅速な結果を着
実に得られる様に工夫します。(一通りやらないと成果をアピールできない構図
は続かない)

4.ITの専門家として役立つかも知れない道具

 さすがはドイツ人が書いた「うんちく本」であり、ここで扱っているテーマの
それぞれについて、上流工程でよくある「できたらいいな」を論理的に整理して
くれています。
 例えば総論の第1章では、後続の5つのフレームワークをそれぞれ分解して、
以下3点で概要を説明してくれている辺りが、ガイド本としてよくできてると思
いました。

(1)達成できそうな目標に触れる(実は難しい)
(2)ベスト・プラクティス(ここは頭の整理整頓)
(3)避けるべき落とし穴(なるほど、これはごっつぁん)

 もし状況が許せば、次回はこのeの付いたBPMの実践編を書けるといいなと思い
ます。当然ながら、苦労話が中心で至らぬ自分をさらけ出すという筋ですが、果
たして現実はどう推移するか、とてもワクワク・ドキドキしております。
 という訳で、eの付いたBPMの紹介編でした。ここまで読んで頂いた皆様に感謝です。

合掌。


<あとがき>
 このうんちく本は日本語版もフリーでダウンロードできるので、興味をお持ち
の方は1章だけでもさらっと読んでみるといいかと思います。その先は、少々デ
ィープです。

「Intelligent Guide to Enterprise BPM」(ISBN:1620300877(日本語版あり)
 https://www.softwareag.com/corporate/rc/default.asp

※言語を”Japanese”・プロダクトを”ARIS”・リソースタイプを”Books”で
 検索すると該当書籍の日本語版が選べる様になります。

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール
Yukihiro Maruyama(丸山幸宏)

Principal Consultant
日本インフォビューテクノロジス(株)
ITコーディネータ
http://www.ivtlinfoview.com/

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!