モノのインターネットIOT / 馬塲 孝夫

●今年5月29日の日経新聞朝刊に、「モノとネットつなぐIoT 大阪市とVCが支
援」という記事が出ました。VCとは、ご存知のようにベンチャー投資をする投資
会社ですので、IoTとは何やら、ハイテクの有望技術のようです。今回は、この
IoTに関して、筆を進めたいと思います。

●IoTとは、”Internet of Things”の頭文字をとったバズワード(明確な定義や
範囲をもたない、流行語、特にIT業界で多用される)の一つで、ここ数年で、急
速に使われだした言葉です。IT業界では、“クラウド”と言う言葉に並んで、今
年の最注目キーワードではないでしょうか。

●そして、その内容ですが、一言でいえば「何らかの通信機能を持つデバイスが
インターネットにつながり、相互に情報交換し、制御する仕組み」と言えましょ
う。これが、なぜそんなに注目されるのか。インターネットは従来、世界中のコ
ンピュータが簡単につながる仕組みを提供してきたのですが、その使い方は、例
えばパソコンを操作する人が、他のパソコンと通信する事により、人の作業をよ
り効率よくするなど、人の意思や操作とインターネットのかかわりが中心であり
ました。それが近年、人が関与しない、センサと制御装置のようなデバイス間の
ネットワークもインターネットを介して容易に情報交換や制御ができる状況にな
ってきたことがその原因と思われます。

●つまり、インターネットが全世界に普及し、いわゆる「クラウド」の世界が現
実のものになり、そこに、例えば、テレビ、冷蔵庫等のホーム器機、自動車、時
計やスマホ等の個人情報機器、工場の制御機器等、世界中のあらゆるデバイスや
機器が、インターネットにつながるようになり、その間の制御を自律的にネット
ワークを介して行えるシステムが可能になったわけです。

●その最たる応用分野は、前回ご紹介した、ドイツ主導で進められている、産業
領域におけるIoT活用「インダストリー4.0」です。昨年、12月にこの取組
を紹介しましたが、その後、世界の注目度はぐんぐん上がり、今や書店で、「イ
ンダストリー4.0」関連の書籍を何冊も見る事ができます。そして、この流れ
は、その他の分野、例えばヘルスケアや自動車分野でも、確実に浸透していくで
しょう。

●市場調査会社IDCジャパンによれば、日本の2014年におけるIoT市場規模は、
9兆4000億円、そして2019年には16兆4000億円に成長するとの事。
また別の会社の市場予測では、2020年の世界市場は、約365兆円にのぼる
との強気な成長予想が出ています。

●さて、IoTは着実に世界を変えていくでしょう。その背景にあるのは、インター
ネットという、インターフェース技術の標準化、スマホ等に代表されるインテリ
ジェント端末の小型化、高性能化、ネットワーク化の猛烈なスピードによる技術
革新です。いまや、一昔前には到底実現できなかったコンピュータによるネット
ワークシステムが、ローコストで、容易に構築できる時代になったわけです。言
い換えれば、徹底的な標準化技術の進化により、誰でも、思いのハードウエアに
よるシステム構築が可能になり、その分野での事業参入コストは劇的に低下しつ
つあります。そのため、ここで勝負になるのは、ハードウエアのコストや機能の
みに重点を置いた製品力ではなく、それを有効に使ったサービスや新鮮な体験の
提供などのコンテンツに関する革新的なアイデアです。その意味で、優れたアイ
デアを持つ人材確保やアイデアを醸成しやすい組織の構築が肝要で、グーグル経
営者のいう所の「スマート・クリエーティブ」という、飛びぬけて優秀な人材を
如何に採用し、彼らのアイデアを活用していくか、に重点が移り、それがIoT時
代の重要な経営戦略となるといわれています。日本においても、その流れが現実
のものになっていくのではないでしょうか。

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

馬塲孝夫(ばんばたかお) (MBA)

ティーベイション株式会社 代表取締役社長
(兼)大阪大学 産学連携本部 特任教授
(兼)株式会社遠藤照明 社外取締役

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!