日本人の労働観と日本人の持つ志について / 中川 普巳重

 仕事やプライベートな時間を通じて日頃から感じ考えていること、それは「日
本人らしさ」です。今日は「日本人らしさ」と企業活動について考えてみたいと
思います。

 まずはものづくりの世界である金属加工現場で感じ考えていることです。ここ
には、最先端の加工機とソフトだけでは実現できない、人間の五感をフル活用し
た感覚の世界、匠の技の領域があります。素材の特性を理解しているという知識
の世界、加工に必要なノウハウ・技術の世界はもちろん大事なのですが、目の前
で起こっている状況を感じ対応する人間の感覚の世界が最終品質に及ぼす影響は
とても大きいように思います。例えば溶接の世界、ここには、溶接の溶け込み具
合や溶接によるひずみを考慮するノウハウに加え、加工素材の状態を把握する力、
その日の気温や湿度を加味し、加工にかける時間を調節するなどさまざまな感覚
的ノウハウが存在します。生産性の向上と品質の安定を追求するならば、溶接の
自動化に取り組めばいいのかもしれません。いつでも、誰にでも常に同じ品質が
生み出せる機械溶接、その品質で対応できるような装置設計にしてしまえばいい
のでしょう。何を自動化するのか?何を自動化しないのか?ここに経営者として
の意思決定が求められます。では、経営者は意思決定の際に何を元に判断するの
でしょうか?それが「志」なのだと思うのです。そしてその志こそが「日本人ら
しさ」なのだと思っています。

 匠の技を伝承することは容易ではありません。現にものづくりの現場における
技術伝承は社会的な課題になっているように思います。大変なのであれば、人間
の感覚に頼ってまでもそこまでこだわらなくてもいいのでは? 職人を希望する
人が減っている、職人を育成するのは難しい、であればどんどん自動化してしま
えばいいのでは? しかし、ここで考えなければならないことは、その先にはど
んな未来があるのか? 日本の未来に何を伝承すべきなのか? 何を残すべきな
のか? ではないでしょうか。

 シンプルな装置を使いこなし、原理原則を理解し、無理難題にもチャレンジし
成功させる中にこそ、大きな喜びがあるように思います。この部品を使う人のこ
とを思って、この装置が生み出す製品が世の人々にもたらす価値を思って、未来
の日本のものづくりのあり姿を思って、目の前の加工という仕事に心を込め、外
からは見えない部分にもこだわり仕上げることこそが、最高品質を生み出し、次
世代にも受け継がれ残っていくものづくりなのだと思います。これが「日本人の
持つ志」ではないでしょうか。

 ある方の講演で「骨董品とガラクタの違い」についてお聞きしました。ものづ
くりの際に職人が目に見えない細部にまでも魂を込めて仕事をしたかどうかが、
時間が経った時に骨董品になるかガラクタになるかの差につながるとのことでし
た。ただ形を作れば良い、自社の利益だけを優先し品質にはこだわらない、次世
代へと技術を伝承することに興味はない、人は育てなくても機械化すれば良い、
そんな思いで企業活動を続けた先に、企業の存続はあるのでしょうか。高い志と
高い技術力が日本の未来を作り出しているように思います。

 それにしても、なぜ私たちは目の前の仕事に向き合い、最善を尽くし、そこに
やりがいを見出し、誇りを持って取り組めるのでしょうか。海外旅行に行く度に
感じること、それは労働観の違いです。日本における交通機関の時間の正確さは
すごいですね。その品質保持のために労働力やシステムなど多くのコストがかか
っていることを考えると、過剰品質のような気もしますが、何よりも、そこに働
く人たちの志がその品質を高め、継続的な提供につながっているように思います。
先日海外の観光地で循環バスに乗車した際のことです。行きたい停留所にこのバ
スが停まるかを念のため確認すると、バスのルート案内には記載されている停留
所にもかかわらず、このバスはそこには寄らないとのこと。日本であれば、時刻
表があり、その旨が表示されていると思います。しかし、運転手さんは、「これ
から○○停留所に戻ってランチタイムなんだ、そこで降りて他のバスに乗り換え
てくれ。」と言って、何のアナウンスもなく良くわからないままに全員が降ろさ
れました。日本では無いだろう状況です。契約に忠実であり合理的な仕組みだと
思う反面、日本人ならどうするのだろう?と思いました。バスの運転手さんの勤
務時間が終わるのならば、バス停で運転手が交代するとか、運行ルートが違うこ
とを表示しておくとか、日本ならば他の対応がとられそうですが、ここでは、乗
客を乗せたまま寄るはずの停留所をパスしてランチ場所へ戻ってしまうという、
なんともわかりやすい、シンプルな仕組みなのでした。ここではどちらが良いか
という話ではなく、考え方の違い、労働観の違いから「日本人らしさ」とは何か
を改めて感じ考えたという話です。

 日本人にとって誰かのために骨身を惜しまず働くことは美徳であり、契約の範
囲で、お金のために働くだけではないように思います。日本人の労働観は、目の
前の人に笑顔になってもらうことが働くということであり、喜んでくれている人
よりもその本人はもっと幸せであると感じることなのではないでしょうか。誰か
のために、未来のために、目の前のことに向き合い、心を込めて取り組んでいき
たい、それが日本人の労働観であり、「志」の表れだと思うのです。今一度、日
本人の持つ志を見直したいと思います。

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

中川 普巳重(なかがわ ふみえ)
(公財)京都高度技術研究所 地域産業活性化本部 コーディネータ
福岡大学 産学官連携センター 産学官連携コーディネーター 客員教授
(一財)九州産業技術センター 九州地域新産業戦略に基づくイノベーション
創出事業 コーディネータ
中小企業診断士、ITコーディネータ、(財)生涯学習開発団体認定コーチ

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!