出稽古のススメ / 丸山 幸宏

<まえがき>
 例えば、興味のある事柄で、社外のイベントへ出かけたりすると、普段の付き
合いとは違う、同業他社や時には畑違いのひとたちとの交流がありますね。
 この接点について、何かと刺激がもらえて、有り難いと思ってきましたので、
今回はその辺りを振り返って、述べてみたいと思います。


<目次>
1.現在
2.過去
3.今を写す鏡
4.未来


<本文>
1.現在
(1)某IT企業様
 かれこれ1年以上も”傭兵“としてお世話になっているITベンダーさんです。
そもそも私にとっては、ここにおじゃましていること自体、すでに出稽古ではあ
ります。
 CIOやITマネジャと向き合うことは、相変わらずですが、ここでは、広義のBus
iness Process Management(BPM)や、エンタープライズ・アーキテクチャ(EA)と
ITポートフォリオ管理といったドメインでの活動を通じて、お客様であるIT部門
の価値貢献を支援しています。
 歳を取っても、新しいドメインでの新しい取り組みは、とてもいい刺激で、有
り難いことに新たなチャレンジ機会になります。思うに出稽古をしたくなる理由
は、こういう刺激に飢えているのかなと。単に飽きやすいだけかも知れぬが。

(2)ITC京都
 ここでは主に京都塾つながりの、いろんな刺激がありますね。最近では、やは
り農業ですね。先日、宗平さんが紹介して下さった2/06のイベント、「次世代農
業 グリーンカラー・フォーラム in 京都 (ビジネスモデル学会 共催)」のテー
マは、Smart Agriculture。
 元々、長期的にはインドでの農業を自分達のドメインに加えようとしているの
で、とっても刺激になりました。

(3)ITC東京
 自社の東京オフィスが東日本橋ということで、東東京のコミュニティに属して
います。イベントには事欠かない訳ですが、特に、ITCAと協賛するビジネスモデ
ル学会のイベントが面白いですね。普段自分のいるドメインの隣接部で、こんな
ことが・あんなことも、といった新しい刺激がたくさんあります。

(4)要求開発アライアンス
 あるプロジェクトで知り合った方が理事をされていて、時々顔を出すようにな
りました。
 また、偶然にも以前お世話になったお客様と再会したり、現在お世話になって
いるベンダーさんの仲間と一緒に参加したりして、”出稽古”を楽しんでいます。
 ここでは、特に月例会の講演後の反省会という名の飲み会が、お目当てだった
りします。


2.過去
 振り返ると、いつも何かしら出稽古をしている自分でした。学生の頃は社会人
との、社会人になれば他業界や同業でも違う職種の人たちとの交流が刺激となり、
新たな深さや広さの探求を、もう一歩進めるきっかけになってきたと思います。

(1)80年代:大学での外書講読で教材だったポーターの論文
 「進展する情報技術を競争優位にどう取り込むか」で、将来やりたいことが見
えた気がしました。当時のダイヤモンド社HBR誌には、一部の論文だけ、英語の
原文も載っていました。
 原題:HOW INFORMATION GIVES YOU COMPETITIVE ADVANTAGE
「産業構造と競争ルールを変え、競合他社より優れた仕組みで競争優位を創り出
し、新たなビジネスを生み出す。」
 この30年間に起きたことですね。また次の大きな波が来て、面白くなりました。

(2)同:企業に勤める外部講師による特別講座
 その枠で行った工場見学は、当時だと、NHKスペシャル等テレビでしか見たこ
とのない風景が、匂いと一緒に目の前にありました。

(3)同:学生の頃に通ったITイベント
 当時の名称は、確かOAショーとかビジネスショーだったかと。バブルという時
代も手伝って、高揚感があり刺激的でした。特に、当時まだ黎明期にあったAIの
分野で、専門家の思考を模倣する”Expert System”や、意思決定を支援する”
Decision Support System”。実は、このイベントが縁で、前職のIT企業にお世
話になりました。


3.今を写す鏡
(1)先輩に教えてもらったこと
 3x3の9コマの真ん中に自分を置いて、相談できる8人を回りに書き出してみ
る。そうすると、今の自分が見えてくると。
目からうろこの、このハッとする”9コマの絵”は、以後大事な指標になりまし
た。
 仕事で行き詰まっている時には、大体においてこの9コマも収束して行き詰ま
っていますし、何事にもポジティブに取り組めている時には、大体において入れ
替わりの多い発散型で、特に直接利害関係にない外部人脈がいい影響を与えてく
れていました。


4.未来
(1)出稽古
 多くの武道には、修行の場である道場がそれぞれの地域にあり、またいろいろ
な流派も枝分かれし、それぞれの個人が切磋琢磨して、発展してきた経緯があり
ます。
 少々こじつけではありますが、我々ITの専門家も似た様なところがあると思っ
ています。同じ環境で、同じ仲間とばかり仕事をしていると、「外の変化に鈍感」
になることもありますし、「小山のボス猿」が心地いいこともあります。そう感
じた時には、迷わず外へ出てみる。多少の専門違いも、なんとかなるもの。
 いつしかこういう機会を、”出稽古”と呼ぶようになりました。もちろん、IT
C京都の“京都塾”というなまえも、お気に入りです^_

(2)場の提供
 最近、BPMのコンサルタント向けに、COBITを「地図と巻き尺」という道具とし
て使う、Case Study型の勉強会を始めました。心がけているのは、あくまで道具
として、「地図を使った、重要プロセスの仕分け」と、「巻き尺を使った、重要
活動の可視化」くらいの使い方にとどめることかなと思っています。
 ただし、臨機応変に、”その”Caseを楽しむことにしています。

 以前、広義のBPMのような包含分野でお客様に向き合うときに、役に立ちそう
な道具を捜してみたところ、BPM分野のCBOKという知識体系がはまりました。
じゃーCOBITを補完・代替するようなものもあるだろうってことで、IT-CMFにた
どり着きました。テーマは、「お客様の、ITを使いこなす能力を、高めるお手伝
い。よりよい俊敏性とイノベーションと価値提供にて。」


<あとがき>
 小学生の頃、月曜日は憂鬱でした。
 母親は美容室を営んでおり、唯一定休日の月曜は決まって、講習会という”出
稽古”に通っていました。月曜日に学校から帰ると、母親がまだ帰宅していない
こともあり、家の前の公園のブランコで過ごした苦い思い出があります。
 自分が青年になって理解したことですが、毎週朝から晩まで、火曜日から日曜
日まで働いて、子供の面倒をみて、唯一の休みに講習会に通って技能を高めてい
たとは恐れ入ります。ほんとうに頭が下がる。おまけに彼女は今も現役、もうじ
き80だというのに。

 まだ50の自分は、出稽古に行ける時、姿勢を正して合掌。感謝しないとね。

------------------------------------------------------------------------
■執筆者プロフィール

Yukihiro Maruyama(丸山幸宏)
 ボスはインド人。夢は外から地球を眺めること。
Principal Consultant
 得意分野は、グローバルなソーシング、BPM・EAとITポートフォリオ管理。
日本インフォビューテクノロジス(株)
ITコーディネータ
http://www.ivtlinfoview.com/

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!