2010年のITテクノロジーとこれだけは知っておきたいポイント/杉村 麻記子

 戦略的な「ITテクノロジーのキーワード」と聞くと、イメージ先行型の「宣伝
文句」「流行語」のニュアンスが強いかもしれない。いわゆるバズワードとし
て、いつのまにか消えていくものも少なくはない。
 しかし、中小企業にとっても知らないまま過ごせない要素が含まれていること
も事実である。本稿では、2010年のITの戦略的テクノロジTOP10よりこれだけは
押さえておくべきキーワードを選定しそのポイントについて紹介をする。

◆IT関連調査では世界的な権威であるガートナーが選んだ、2010年の「戦略的
テクノロジ」のトップ10は下記のとおりである。
1. クラウドコンピューティング
2. 新たな高度分析ツール
3. クライアントの仮想化
4. ITのグリーン化
5. データセンターの再構築
6. ソーシャルコンピューティング
7. アクティビティモニタリング
8. フラッシュメモリ
9. 可用性のための仮想化
10. モバイル

 詳細な内容についてご興味のある方は下記を参照いただきたい。
 http://www.gartner.co.jp/press/html/pr20091111-01.html

 中小企業においても、自社のIT経営を実践していくために、戦略的に投資を
するか否かの判断をする必要がある。特に重要と思われるテクノロジを独断で
選定した。
 ↓ ↓ ↓

◆中小企業でも押さえておきたい3つの戦略テクノロジ
 1. クラウドコンピューティング
 6. ソーシャルコンピューティング
 10. モバイル

◆クラウドコンピューティング(その中でもSaaSなどのパブリッククラウド)
 クラウドコンピューティングとは、インターネットのコンピューティング
リソースを使って、ユーザーに情報サービスやアプリケーションサービスを提供
することである。クラウドコンピューティングについては、このメールマガジン
でもこれまでに多くの解説がされている。

※参考となるITC京都のメルマガバックナンバー
「クラウド一年(宗平 順己氏)」
http://www.itc-kyoto.jp/itc/index0403.html

 皆さんにとっては、パブリッククラウドとして提供されている「SaaSアプリ
ケーション」の方がなじみが深いだろう。SaaSは、ITコストの配分が、固定費か
ら変動費に変わることから、コスト削減のための救世主として注目されている。
ITシステムを利用する際の選択肢として第1候補になってきたといっても過言で
はない。但し以下のことに注意した上で活用する必要がある。

 1)導入コストの中の「ハードウェア代金」や「ソフトウェアライセンス代金」
 が抑制できるものの、既存環境からの移行や、利用方法を検討するための要件
 定義、利用者向けの教育などは、初期費用として発生する。
 2)アプリケーションを適用する業務によっては、提供されているそのままの機
 能ではとても使えないこともある。
 3)毎月、毎年の利用料金は継続的にかかるため、5年間など長期間で費用を試
 算するとトータルコストが買取のパッケージに比べて割高になることもある。

 SaaSアプリケーションの中には、体験版(無償版)を提供しているところも
多いので、導入したいものについてはそれをつかってみるのが手っ取り早い。
しかし、目的や使う期間などを事前にきちっと計画した上で検討・トライアル
することをお勧めする。

◆ソーシャルコンピューティング
 企業が活用できるメディアには、3つのメディアがあるといわれている。
  1)他社メディア(PaidMedia):新聞や雑誌、インターネット広告等
  2)自社メディア:自社のホームページやモバイルサイト
  3)ソーシャルメディア:mixiなどのSNSやブログ、Twitter等

 上2つがある程度自社でコントロールできるメディアである。一方、ソーシャ
ルメディアは、ネット上での口コミがなされる場でありコントロールが難しい。
インターネットの特性上一歩間違えると一瞬にして風評が世間に広まってしまう
リスクも高い。

※参考となるITC京都のメルマガバックナンバー
「ツイッター利用の事例を通じてソーシャルメディアの活用について考える
(池内 正晴氏)」
http://www.itc-kyoto.jp/itc/index0399.html

 とはいえ中小企業はソーシャルメディアを注目するべきだ。その理由の一つ
に広告費等が必要な他社メディアなどに比べて安価に利用できることがある。
 Twitterを活用して成功している大企業の事例としては、加ト吉やYahoo!
ショッピングなどが有名だ。企業としてきちっとした体制を構築して対応して
いるというよりは、数名の担当者(いわゆる中の人)でこなしているところが
現時点では多いようだ。リソースの限られた中小企業でも、うまくいけば高い
効果を期待できる。実際に既に着目して活用し始めているところも増えてきた。
 ということで流行に乗り遅れまいと思いがちだが、成功するためには
 ・使う目的や方法が明確
 ・継続していく強い意志と思いがある
 ・そのメディアの特性を十分理解している人がいる
といった条件をクリアする必要がある。
簡単な条件ではないが、Twitterなんて知らない!ということでは済まされない
ところまできているだろう。自分の周りに起きている変化をまずは知ることが
大切だ。実際には、いきなりソーシャルメディアを使って自社のPRやマーケティ
ングをする。。なんてことは困難である。まずは、自分自身が生活者として使っ
てみてそのソーシャルメディアの特長を知ることから始めてみよう!

◆モバイル・アプリケーション
 ご承知の通り、日本では殆どの人が携帯電話を所有している。単なる通話や
メールだけではなく、インターネット接続での利用も多い。小売店では携帯電話
むけのクーポンやプロモーションなどあたらしいマーケティング手法が導入され
ている。またiPhoneやWindowsモバイルを搭載したスマートフォンなど、新たな
端末も販売台数を伸ばしていてこれらモバイル端末をつかったアプリケーション
が今後どんどん提供されてくることになる。
 さらに今後はネットブックと呼ばれる安価なPCにかわる新しい形のタブレット
PCが登場する予定もある。
 今後消費者向けのマーケティングを行う場合や、企業内のアプリケーションを
利用する場合はこのモバイル端末を使うことを前提に検討していくことが求めら
れる。これまで以上にいつでもどこでも必要な情報を探し出せる環境が整備され
ていくため、情報の流れが大きく変わっていくことになる。
 例えばSNSやTwitter等のソーシャルメディアの窓口となるのがモバイル端末で
ある。そして、企業むけのさまざまなモバイルアプリケーションが、クラウド
コンピューティング上(SaaS形式)で提供されている。
 これらキーとなるITテクノロジを活用すると、これまでと仕事の進め方が大き
くかわる可能性があるということをご記憶いただき、自社ではどういった業務で
使えそうか一度考えてみてはいかがだろうか?


■執筆者プロフィール

杉村麻記子(すぎむら まきこ)
伊藤忠テクノソリューションズ株式会社 勤務
ITコーディネータ、中小企業診断士

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!