仮想デスクトップ(DaaS)への期待/岩本 元

 クラウドという単語がインターネットや雑誌の至るところで見られるようにな
ってから、約2年が経ちました。以前、小林さんのコラムでも紹介がありました
が、クラウドには次の4種類があります。

・SaaS ソフトを提供するサービス
・PaaS ソフトを動かすプラットフォーム(データベース等)を提供するサービス
・HaaS/IaaS インフラ(サーバのハードとOS)を提供するサービス
・DaaS 端末のデスクトップ環境を提供するサービス

 既に読者の皆さんの中にもSaaSやHaaSの恩恵(コスト削減や構築のスピードア
ップ)を受けている方がいるかも知れません。本稿では、まだ普及度は低いです
が、将来が期待されるDaaS(Desktop as a Service)について説明します。DaaS
すなわち仮想デスクトップサービスは、ユーザのパソコン(PC-Aとします)
の中にもう1つ別のパソコン(PC-Bとします)を提供するものです。ユーザ
からの見え方としては、Aの画面の中のウィンドウの1つにPC-Bのデスクト
ップが表示されます。これを(PC-Bの)仮想デスクトップと呼びます。また、
PC-Aの画面上でBの仮想デスクトップを全画面表示すれば、あたかもPC-
Bを直接使っているように見えます。ここで、PC-Bのデスクトップおよびそ
の上で動いているプログラムは、全てデータセンターのサーバ上で動いており、
PC-Aとはイメージデータのみをやり取りしている点がポイントです。

 DaaSを利用して得られる主なメリットには以下があります。

(1)パソコンの運用負荷の軽減
 多くの会社にとって、PCの運用は手間が掛かるものです。まず、新しいPCを買
ってきたら、会社のポリシーに沿って設定し、オフィスソフトやウイルス対策ソ
フトなどの標準ソフトをインストールすることになります。また、PC1台ずつに
ついてソフトを定期的にバージョンアップする必要もあるでしょう。仮想デスク
トップを使用すれば、サーバ側でPCのセットアップやソフトのバージョンアップ
等を一括して操作できるようになり、運用の手間を大きく軽減することができま
す。

(2)古いPCやOSの長期間使用
 PCの性能は年々向上し、それに併せてオフィスソフトなどのソフトの機能も高
度化されていきます。また、ハードディスクの経年使用による故障もあり、多く
の会社はPCを4,5年おきにリプレースしています。仮想デスクトップなら、PC
本体では主にイメージデータを表示するだけでよいため性能向上はあまり必要あ
りません。また、ハードディスクを使用することも少ないためPCを長期間使用し
続けることができます。
 また、マイクロソフト社のWindowsOSは定期的にバージョンアップされます。
現在、多くの会社はWindowsのXP/Vista/7のどれかのバージョンを使用している
でしょうが、平成26年4月にWindowsXPのサポートが打ち切られます。それまで
に社内の情報システムをWindows7の上で動作するように改修またはバージョンア
ップし、社内PCをWindowsXPからWindows7にバージョンアップする必要があります。
仮想デスクトップを使用すれば、大きな改修コストが掛かるシステムや使用頻度
が少ないシステムについては、仮想デスクトップでWindowsXPを動かし、その上
でシステムを改修せずに使い続けるという選択肢が取れます。

(3)スマートフォンやタブレット端末の利用
 スマートフォンやタブレット端末上にPCの仮想デスクトップを表示することに
よって、社内でPCや情報システムに対して行う操作を、社外でi-PhoneやiPad等
を用いて行うことができます。さらに仮想デスクトップでは、端末内にデータを
残すことがないのでスマートフォンやタブレット端末、またはモバイル端末を紛
失した時の情報漏えいを防止できます。

 現在のDaaSのサービス内容および価格では上記のような効果、特にコスト削減
効果を十分に得られるのは端末数の多い大企業に限られます。しかしながら、近
い将来、中小企業でもiPadやスマートフォンだけを用意して、低コストでDaaSを
使用できるようになるでしょう。第4のクラウドDaaSに期待しましょう。

<参考>
2010.11.15「会計システムとクラウドコンピューティング」
http://www.itc-kyoto.jp/itc/index0437.html
2011.02.28「タブレット端末とクラウドを組み合わせよう」
http://www.itc-kyoto.jp/itc/index0452.html


■執筆者プロフィール

 岩本 元(いわもと はじめ)

 ITコーディネーター、技術士(情報工学部門、総合技術監理部門)
 &情報処理技術者(ITストラテジスト、システムアーキテクト、
          プロジェクトマネージャ、システム監査他)
 企業におけるBPR・IT教育・情報セキュリティ対策・ネットワーク構築のご支援

公式Facebookページはこちらから

<いいね>をクリック!